WOMANIA
2015.07.02 Thursday 00:46

2015年7月17日限定発売 ボビイ ブラウン テルライド コレクション

テルライド コレクション

7月17日にボビイ ブラウンから限定発売されるのは、
「繊細で神秘的、そして美しい夕日」がテーマのテルライド コレクション。
先日の新商品発表会では、こちらの紹介もありました。

テルライドとは、ボビイ・ブラウンが、毎年、家族と訪れる場所である
コロラド州のテルライドという場所の名前です。
夏から秋にかけて変わりゆく山間から見える刻々と輝く黄褐色の夕空を
イメージしたのだとか。夕焼けの中で美しく映える顔を表現したそう。
温かみのある黄褐色の輝きを与えてくれるカラーコレクションです。

テルライド コレクションは、アイ パレット1種、ポット ルージュ2色、
シマーブリック1種、リップセット3種。いずれも、限定発売です。

テルライド  アイ パレット
テルライド アイ パレット 限定1種 6,700円(税抜)

「テルライド アイ パレット」は、暖色系のグラデーションが簡単に仕上がる
7色入りのアイシャドウパレット。マット、シマー、メタリック、スパークルの
4つの異なる質感がセットされています。褐色系の赤っぽいブラウンは
ワタシの好きなカラーのひとつ。この色って定番ブラウンアイメイクを
少しだけ艶っぽくしてくれるのです。左から3番目のベルベットプラムという
メタリックアイシャドウは、特に夏に活躍してくれそう。
これは、なかなかに使えるパレットではないかと注目しています。
ブラウンアイシャドウ好きが魅かれるパレットでした。

ポット ルージュ
ポット ルージュ 限定2色 3,300円(税抜)

ポット ルージュ」は、チークとしてもリップとしても使えるアイテム。
「ポット ルージュ」自体は、レギュラーで7色がラインナップされています。
今回の限定カラーは、35テルライドと36マウイ。
健康的に見せてくれ、アジアの女性の肌になじむ色ということです。
ルージュにもチークにもというアイテムって、ベタベタするんじゃ。。。
と思ってしまいますが、テスターを触ってみると、意外なほどに
肌なじみがよく、ツヤ感のある感触でした。

シマーブリック
シマーブリック 限定1種 5,200円(税抜)

そして、今回も発売されます!
通称「シマブリ」こと「シマーブリック」。
「シマーブリック」は、レギュラーカラーに加え、コレクションごとに
限定カラーが発売されることが多い、ロングセラーアイテムです。
単品でアイシャドウとして使ったり、5色を混ぜてフェイスパウダーとして
使えるのですが、キラキラパールとは違う絶妙な輝きとツヤが魅力なんだよね。
実は、マイファーストボビイ ブラウンは「シマーブリック」。
限定の「シマブリ」と聞くと、欲しくなっちゃいます。
今回のカラーは、サンセットピンクということですが、使いやすそう。

リップ トリオ
リップ トリオ 全3種セット 6,200円(税抜)

セットモノとして発売されるのは、リップアイテムです。
シアーリップカラー、リップライナー、リップグロスがセットになった
リップ トリオは全3種。単品で揃えるよりグロス1本分くらいオトクです。

・サンセット ピンク リップ トリオ(コーラルピンク系)
・トワイライト グロウ リップ トリオ(ベージュヌード系)
・ピンク ダスク リップ トリオ(モーヴピンク系)


今回のテルライド コレクションは、どれも「使える」印象を受けました。
特にワタシが気になっているのは、アイ パレットかな。
テルライド コレクションは、7月17日発売です。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>


 関 連 記 事 

・ボビイ ブラウンの美容液ファンデーションがコンシーラーになって登場

・ボビイ ブラウン「ロングウェア クリーム シャドウ スティック」

・ピンク紫がチークとして使える ボビイ ブラウン「アート スティック」

・ベーシックアイメイク ボビイ ブラウン 「チョコレート アイパレット」

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2015.06.30 Tuesday 01:30

ボビイ ブラウンの美容液ファンデーションがコンシーラーになって登場

ボビイ ブラウン「インテンシブ スキン セラム コレクター&コンシーラー」

ボビイ ブラウンの新商品発表会に行ってきました。
4月10日に発売された、ボビイ ブラウンの美容液ファンデーション
インテンシブ スキン セラム ファンデーション SPF40 (PA++++)」は
大人気だそう。発売直後は、正直「冬向けかな?」と思っていたワタシですが、
先日のサマーメイクレッスンをきっかけに、再び使いはじめたら、
これが良いのです。むしろ、今の季節の方がノリと仕上がりが合っている感じ。
やっぱり、良いなと思い直していたところでした。

今度は、そんなインテンシブ スキン セラムのコレクターとコンシーラーが
発売されるということ。ボビイ ブラウンでは、目元のクマやくすみを
カバーしてくれるアイテムとして、コレクターとコンシーラーの
2アイテムを発売しています。それらをセットで使用するのがオススメ。

美容液コレクター&コンシーラー
インテンシブ スキン セラム コレクター&コンシーラー 
各10色 5,100円(税抜) ※2015年9月18日発売


コレクターは、クマをメイクアップ効果で“消し去る”もの。
コンシーラーは、目元を“明るく見せる”もの。

今回の「インテンシブ スキン セラム コレクター&コンシーラー」には、
いずれも、ファンデーションに入っているのと同じ冬虫夏草エキスが
配合されています。このほか、コラーゲンの生成を促し、目元のハリ感を
アップしてくれるインディアンツリーエキス、薄くなってしまった皮膚の
厚みを強化し、ハリを与え、血流を良くしてくれるホップエキス、
くすみをケアしてくれるビタミンC、カンゾウ根エキス、バンブーエキスも配合。
メイクしながら目元をケアしてくれる美容成分がたっぷり入った
コレクター&コンシーラーです。隠すこととケアすることが同時に出来るアイテム。

従来の「コレクター」や「クリーミーコンシーラー」はジャータイプですが、
今回のアイテムは、チップでとるボトルタイプです。
色展開はいずれも全10色。
オソロイの色ではなく、アイテムごとに色番と色展開が異なっています。

ちなみに、「コレクター」と「コンシーラー」のパッケージはそっくりなので、
ボディに書かれた文字で区別。微妙に似たような字面だけどネ。。。(笑)

コレクター&コンシーラー

発表会では、ワタシも色を合わせていただきました。
ワタシの場合は、コレクターが04ビスク、コンシーラーが07ウォームベージュ。
さらっとしたテクスチャーでのカバーは重さを感じさせないものです。
夏は目元の崩れも気になるから、重宝しそうな使用感。
カバー力は、クリームタイプの従来品などの中では
真ん中くらいの位置づけだそうです。
よりカバーを求めるなら、クリームタイプの方が良いということかな。

この日は、ボビイ ブラウンのメイクアップ・アーティストである
カイ・ヴィンソン氏によるメイクデモンストレーションも行われました。

カイさんによるメイクデモンストレーション

新商品の「インテンシブ スキン セラム コレクター&コンシーラー」に加え、
7月17日に発売されるテルライド コレクションのアイ パレットや
「ポット ルージュ」「シマーブリック」を使ってのメイクは
健康的な印象のサマーヌードメイク。ボビイ ブラウンが提案するメイクは
奇抜さがなく、明日から取り入れられそうなところが、やっぱり好きです。

元々、ボビイ ブラウンのコレクター&コンシーラーは、
頑固な万年クマ子のワタシが、一番、「クマが隠せる」と思っているアイテム。
クリームタイプの「コレクター」とパウダーとコンシーラーがセットになった
「クリーミーコンシーラー キット」を使っていました。
今回は、そこに美容液成分が配合されたということでより期待。
メイクアップ効果とスキンケア効果を併せ持ったアイテムは、
悩み深い目元の心強いアイテムになってくれそうです。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>


 関 連 記 事 

・ボビイ ブラウン サマーメイクレッスン 〜崩れにくい夏のツヤ肌づくり〜

・ボビイ ブラウンの次なるスキンファンデーションは美容液ファンデーション

・しっかりクマをカバーしてくれる ボビイ ブラウン アイテムが手放せない

・明るい目もと&くっきりした目 ボビイ ブラウンでキャリア メイク




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.07.29 Tuesday 10:22

ボビイ ブラウン「ブライトニング ブラッシュ ブロンズ」

ボビイ ブラウン「ブライトニング ブラッシュ ブロンズ」

ブランド:ボビイ ブラウン
価格:6.6g ¥5,800(税抜)
2014年7月1日限定発売

ここにきて、にわかに熱くなったワタシのシェーディング熱。
これまで持っていなかったカテゴリーのアイテムだから、
「もういろいろ持っているしね」とか「似たようなの家にあるかも」
なんていう押さえが効きません(笑)とにかくいろいろ使ってみたい!

ナーズ、シャネルに続き、第三弾はボビイ ブラウン。
7月1日に発売された、サーフ&サンド コレクションの中にも
「ブライトニング ブラッシュ」というアイテムが限定で発売されています。
カラーは、01ブロンズと02ピンクの2種。
ブロンズはシェーディングやブロンザーに使えるようなカラー、
ピンクはどちらかといえば、チーク的なカラーだと思います。
ワタシは、もちろん、ブロンズ。

01ブロンズ

ブライトニング ブラッシュ ブロンズ」は、ブロンズ、ピンク、
ベージュの3色がセットになっています。ブロンズをシェーディング、
ピンクをチーク、ベージュをハイライトにといったシャネルの
レ ベージュ アーモニー プードゥル ベル ミン」のような
使い方も出来ますが、色の割合を考えると3色をぐるっと混ぜて使う方が
使いやすいです。そういった意味では一番、手間要らず。

ちょっとブロンズが濃く出過ぎちゃったなという場合は、
ピンクだけをとり、チークのようになじませてぼかしたり、
ベージュを上から重ねて、ふんわり緩和させることも可能です。
ソフトパールが入っているから、自然なツヤ感も出る仕上がり。

こんな仕上がり

写真では、ツヤ感が上手く写らないので、他とあまり変わり映えがしないように
感じるかもしれませんが。。。実際に使い比べると、それぞれに特徴があります。
ワタシ的に、この「ブライトニング ブラッシュ ブロンズ」は、
ナーズとシャネルの中間くらい。濃すぎず、なじみ過ぎず、存在を発揮します。

それぞれに特徴があります

こうして3つを見比べてみると、違いが判るかな。
それぞれに計算されたカラーがセットされています。

シェーディングは、頬骨の下に、頬骨のラインに沿うように入れますが、
強すぎると頬がこけたような不自然な印象になってしまうのが心配。
それをカバーしてくれるのがチークカラーとのなじみです。
シェーディングと一体感を出すためにも、ヘルシーな印象を与えるためにも、
いつもよりややブラウン味を帯びた色を選ぶのがポイントのよう。
そういった点では、チークカラーまでセットされているシャネルや
チーク的にも使えるボビイは、使いやすいアイテムだと思います。

シャネルの「レ ベージュ アーモニー プードゥル ベル ミン」は
完売しているので、今、買うならボビイ ブラウンがオススメ。
ただ、ボビイの「ブライトニング ブラッシュ ブロンズ」も限定だから、
そのうち買えなくなっちゃうけどネ。(現在、オンラインでは在庫アリでした)

今シーズンは、優秀なシェーディングアイテムが豊作な印象。
そのおかげで、ワタシの興味もぐっとあがり、楽しませてもらっています。

購入はこちら→ブライトニング ブラッシュ ブロンズ


 関 連 記 事 

・大人のリップクリーム感覚の口紅 ボビイ ブラウン「シアー リップ カラー」

・免税店でボビイ ブラウン 「Pretty in Pink Collection」

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.07.02 Wednesday 01:13

パウダーでヌード肌 ボビイ ブラウン新パウダーファンデーション登場

スキン ウェイトレス パウダー ファンデーション

4月に発売された「スキン ファンデーションスティック」を愛用中ですが。
またまたボビイ ブラウンから気になるファンデーションが発売されるという。
先日、その新商品発表会に行ってきました。

2014年9月5日に発売されるのは、
「スキン ウェイトレス パウダー ファンデーション SPF16(PA+++)」。
そう、素肌のような仕上がりのヌード肌をテーマにしている
スキン ファンデーション シリーズに、ついにパウダーが加わるのです。

スキン ウェイトレス パウダー ファンデーション
スキン ウェイトレス パウダー ファンデーション 全10色
レフィルのみ 5,000円(税抜) / ケースのみ 1,300円(税抜)
2014年9月5日新発売


本来、ヌーディで自然な仕上がりを求めているボビイ ブラウンは
粉っぽくなったり厚塗り感が出るため、パウダーファンデーションを好まないそう。
そんなボビイが納得して世の中に出すパウダーファンデーションは
最先端のパウダー技術を持っている日本で開発したものだとか。
湿式タイプで、パウダーなのにリキッドのような密着感で肌に溶け込み、
しっとりと艶やかな素肌のような自然な仕上がりになるということです。

湿式タイプ

コレ、ケースにスポンジが付属していますが、「フェイスブラシ」で
つけるのがオススメだと聞きました。「フェイスブラシ」にファンデーションを
2周分とり、頬、あご、額にはブラシをクルクルと回しながらつけていきます。
軽いチカラで磨き塗りするような感じ。
鼻まわりには、ブラシでスタンプするように軽くおさえながらつけます。

フェイスブラシでつけるのがオススメ

実際にワタシもこの日、つけてもらいましたが、本当に軽い!
そして、どこに塗ったか判らないほど肌と一体化します。
ふんわりしたパウダーファンデーションならではの仕上がりは保ちつつ、自然。
ちなみに色だしは白めだそうで、「スキン ファンデーション スティック」では
3.5のワタシの肌色、「スキン ウェイトレス パウダー ファンデーション」では
4でした。2009年のリキッド、2011年のルースパウダー、今年4月のスティックに
次いで4つ目のスキン ファンデーションは一番、軽いように思います。
元々、パウダーファンデーションが大好きなワタシのツボでした。

また、ファンデーションの誕生から2週間後の9月19日には
スモーキー ヌード コレクションも発売されます。
コレ、「シマーブリック」1種、「クリーミーマット リップ カラー」4色、
「スモーキー ヌード アイ パレット」1種のラインナップ。いずれも限定です。

スモーキー ヌード コレクション

言わずと知れた名品「シマーブリック」は、見た瞬間から使いやすそうな色。
この限定色は「サンドストーン」という名前です。

サンドストーン
シマーブリック サンドストーン 5,400円(税抜)
2014年9月19日限定発売


この「サンドストーン」というカラー、ワタシがはじめて使って、
かつ一番お気に入りだった限定の「シマーブリック」に似ています。
コレ、絶対、使いやすいと思う。そして、人気カラーになるはず。

このスモーキー ヌード コレクションのパレット、会場のテスターを見て
やたらと汚れているなと思ったのですが(笑)よく見るとデザインだったという。
大理石風にも見える、スモーキーカラー×べっ甲の限定パッケージです。
汚れや指紋が気にならなくて良いじゃない!なんて思ってしまいました。

サンドストーン
スモーキー ヌード アイ パレット 7,700円(税抜)
2014年9月19日限定発売


「スモーキー ヌード アイ パレット」は、2段式各4色、計8色のパレットです。
パレット内容は、マット、メタリック、スパークルと3つの異なる質感。

(上段)
アイシャドウ 53 クリーム / アイシャドウ 55 ネイキッド
アイシャドウ 33 ウッドローズ / スパークル アイシャドウ 28 シルバーブラウン
(下段)
スパークル アイシャドウ 09 ウォーターカラーピンク / メタリック アイシャドウ 34 ヌードビーチ
メタリック アイシャドウ 1K スモーキーブラウン / アイシャドウ 4M スモークド


このコレクションは、スモーキーなアイメイクは難しそう・・・と思っている
全ての女性へ向けて、重すぎず浮かない、深みのある立体的なグラデーションの
スモーキーアイが簡単に出来るパレットとして作ったということ。
実際、たしかに!たしかに!と大きく頷いてしまう、シェードだと思います。
ワタシ的には、コレ、マストハブなアイテム。発売されたら買いたいです。

会場には、8月22日に発売される「ブラッシュ」新8色、「リップ カラー」新20色、
9月5日に発売される「アイシャドウ」新7色、「メタリック アイシャドウ」新4色、
「シマー ウォッシュ アイシャドウ」新4色の展示もありました。

8月22日&9月5日発売

アイシャドウは、ボビイ ブラウンには珍しいパステルカラーが揃っています。
コレ、2014秋冬ファッション・ウィーク ランウェイのビューティートレンドである
明るく輝くカラフルなアイメイクからインスパイアされて作ったのだそう。
ヌードな目元にパステルカラーをポイントにつけるのがオススメとのこと。

ボビイ ブラウン

ボビイ ブラウンのアイテムはアーティスト系ブラントでありながらリアル。
発表会で見た瞬間から、「使う自分」が想像出来ます。
「どうせ、モデルだからでしょ?」「綺麗だけれど、実際は無理だわー」と
及び腰にならず、ガツガツ使いたくなっちゃう。欲しくなるものがいっぱいです。
「使える」という意味ではピカイチのボビイ ブラウン。発売が待ち遠しいです。


 関 連 記 事 

・プロに学ぶ ボビイ ブラウン 春のヌード メイクアップレッスン

・手軽で美しい ボビイ ブラウン「スキン ファンデーション スティック」

・スティックファンデーションも生まれ変わる ボビイ ブラウン新商品発表会

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

・ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2014.03.12 Wednesday 00:55

スティックファンデーションも生まれ変わる ボビイ ブラウン新商品発表会

ボビイ ブラウン新商品発表会

ボビイ ブラウンの新商品発表会に行ってきました。
今回、メインとして紹介されたのは、スティックファンデーション、
リップ&リップライナー、ペンシルアイライナーの3アイテム。

ボビイ ブラウンのファンデーションは1992年に発売された
「ファンデーション スティック」からはじまったそう。
それは22年の時を経て、現在も販売されています。
コレ、全世界のボビイ ブラウンで2.5分毎に3個売れているんだって。

ボビイ ブラウンのベースメイクの歴史がずらり

この日、会場の壁にはボビイ ブラウンのベースメイクを支えてきた
アイテムのパネルがずらり。ブランドやアイテムの歴史が好きなワタシは、
こういった「まとめ」を見るのが大好きです。

今回、その「ファンデーション スティック」が現代女性の求める
ヌード肌のため「スキン ファンデーション スティック」として進化します。
発売は2014年4月4日(金)。

スキン ファンデーション スティック

新処方は厚ぼったくて重い質感というスティックファンデーションの
イメージを払拭し、薄付きで軽く、より肌になじみ、完璧なヌード肌を
作る仕上がりに改良されたということ。カラーも日本人の肌に対応する
新2色を追加した全13色です。ボビイ ブラウンのファンデーションは
肌色にピタリと決まるものが見つかるところがスゴイと思う。
サンプルですら「標準色」ではなく、多色展開するというこだわり。

全13色

ワタシも色を合わせてもらったところ、3.5ウォームベージュでした。

仕上がりは、基本的に素肌のようなヌーディな仕上がり。
ワタシは以前、リキッドの「スキンファンデーション SPF15 PA+」も
使っていましたが、この「肌」という名前を持つファンデーションは
何も塗っていないようで、素肌よりキレイという自然な美しさを
演出してくれます。色もドンピシャだと超なじむの。

この日、ワタシに説明してくださったのは男性のMAさんだったのですが、
「実は僕も今、顔全体に薄くつけているんですよ」と言う。
「えっ?」と驚き、思わず超至近距離で確認させてもらいました(笑)

ものすごく自然

よーく見れば、たしかに塗っているよう。。。
でも、「塗っている先入観」でじっくり見ないと全く判らないほど自然です。
鼻の部分など、男性とは思えないほどキレイ。しかも崩れていません。
コレ、流行のメイク男子も「使える」アイテムなんじゃないかな?
メイク男子だって、「塗っているアピール」をしたいわけじゃないものね。

使い方はブラシで直接とってつける、指先でとって塗るなどありますが、
直接、スティックファンデーションを肌に線をひくように塗り、
指やブラシでのばしても良いそうです。ワタシはこの方法がラクで好き。

そして、同時に発売されるのがペンシルタイプの「アート スティック」です。

アート スティック

コレ、口紅としても、リップライナーとしても使えるということ。
カラーはブラウン、オレンジ、ピンク、カシス、レッド系など
使いやすそうな8色展開です。ペンシルタイプなので輪郭も取りやすく、
太めなので口紅として塗りつぶすのも簡単そう。

全8色

ペンシルタイプのリップって、油分少なめで、ひっかかったり、
マットでパサパサした感じのものもあるのですが、
「アート スティック」は、スティックタイプの口紅と遜色ない
クリーミーで滑らかな感触でした。シアバターと植物由来のオイルが
配合されているのだとか。落ちにくいロングウェアリング処方です。

するするしてチークにも使える

実は、コレ、その滑らかなテクスチャーから、チークとしても使えると
教えていただきました。実際につけてみてもらったけれど、コレ、イイ!
指でぽんぽんと置いてぼかすのではなく、ブラシに直接とって、
つけても良いんだって。とても自然な仕上がりで、色も長持ちでした。
ワタシは、サンセットオレンジがお気に入り。

また、こういった太めの削るタイプのペンシルを買うとき、気になるのが
シャープナーのこと。特にこれは、一般的な「大」より太いように思います。

シャープナー付き

でも、大丈夫!こちらには、専用シャープナーも付属しています。

さらに、5月16日にはもうひとつ、注目のアイテムが発売されます。
それが、「パーフェクトリー ディファインド ジェルアイライナー」。

パーフェクトリー ディファインド ジェルアイライナー

コレ、ボビイ ブラウンの人気アイテム「ロングウェア ジェルアイライナー」
からインスパイアされた、ペンシルタイプのジェル状アイライナーです。
あのジェルアイライナーが、繰り出し式のペンシルになっちゃった?!
ってコーフンするひとも少なくないはず。もう、ジャーポットのフタを
開ける必要もないし、ブラシを使う必要もありません。コレ、1本!

するする描ける

もちろん、全く同じではなく、それぞれに特徴や良いところがあります。
「パーフェクトリー ディファインド ジェルアイライナー」は、肌あたりが良く、
するする描けて、しかも「乾く」ということを感じさせないほど速乾。
落ちにくさの面では、「ロングウェア ジェルアイライナー」以上かもしれません。
カラー展開も豊富な全6色です。
ブラックもありますが、良さそうだったのがスコッチや
チョコレートトリュフなどの色。使いやすそうな印象を受けました。

この日、発表されたアイテムはどれも、ボビイ ブラウンの魅力を、
1本のスティックに閉じ込めたものばかり。人気アイテムをベースに、
より素早く、簡単に、心地よく、美しい仕上がりを追求しています。
ボビイ ブラウンは安定の仕上がりや、より良い機能性を求めていると
感じさせてくれるブランド。それは、一見、地味に思えるかもしれませんが、
とても素晴らしいことだと思います。だからこそ、一度使ったひとは
手放せなくなり、多くのロングセラー商品が生まれているんだよね。
今回、発表会で紹介されたアイテムにもそんな予感を感じました。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>


 関 連 記 事 

・しっかりクマをカバーしてくれる ボビイ ブラウン アイテムが手放せない

・明るい目もと&くっきりした目 ボビイ ブラウンでキャリア メイク

・2010年クリスマスコレクション 「ミニ ボビイ ブライツ パレット」

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

・ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2011.06.14 Tuesday 23:56

明るい目もと&くっきりした目 ボビイ ブラウンでキャリア メイク

ボビイ ブラウン「キャリア アップ セット」

ブランド:ボビイ ブラウン
価格:
コレクター 1.4g ¥3,675(税込)
クリーミーコンシーラー キット 1.4g/1.7g ¥4,725(税込)
コンシーラー ブラシ 3g ¥3,675(税込)
ロングウェア ジェルアイライナー ¥2,940(税込)
ウルトラファイン アイライナー ブラシ ¥3,150(税込)

元々、ワタシの中では、ボビイ ブラウンはベースメイクに強い印象。
ファンデーションのラインナップが充実しているだけでなく、
色展開も豊富なのです。基本、各アイテム8色〜9色展開。
1色展開が少なくないBBクリームも3色、スティックファンデーションに
いたっては、15色展開というのだからオドロキです。
しかも、ボビイ ブラウンのファンデーションはこの全てが
イエローベースだという。サイトの中で、ブランド創設者であり、
メイクアップアーティストのボビイ ブラウンは「私は今まで、
ベースカラーが黄色ではないという女性には、一度も会ったことがありません。
だから、私のファンデーションはイエローベース、いちばん自然に
見える色なのです。」と語っています。アメリカを活躍の舞台にし、
多くの人種、たくさんのひとの肌に触れてきたボビイが考えることなのだから、
間違いないと思う。白人も黒人もみんな、イエローベースって
不思議なようだけれど、表面から感じる色ではなく、ベースの話として考えれば、
見ため白く見えるファンデーションにもイエローが含まれているのかなと。

「ぴったりのファンデーションがあれば、誰でも、色ムラのない、キメの整った
なめらかな肌を手に入れられます」という、ボビイ ブラウン。
実際、ワタシもボビイ ブラウンのファンデーションを使っているけれど、
その色のぴったり具合には、カウンターで驚きました。まさに、ジャストフィット。
ボビイ ブラウンって、ファンデーションのサンプルも
複数色用意されているんだよね。
標準色だけでないところに、並々ならぬ色へのこだわりを感じたのです。

そんなボビイ ブラウンが提案する「キャリア メイク」。
「明るい目もと」と「くっきりした目」が「出来るオンナ」のポイントだと考え、
それらを作り出すアイテムが紹介されています。今回、Blingのモニターとして
ワタシもその「キャリア メイク」アイテムを使ってみました。

「明るい目もと」には、「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」。
コレ、3/1にリニューアルされたものです。
たしかに、目もとにクマがあったり、くすんでいたりすると、
くたびれて見えるので「仕事をこなす」という印象は与えられないよね。
「仕事に終われてよれよれ」な感じ。
出来れば、本当は超大変でも、見ためくらいは涼しげな顔でいたいもの。
ワタシも繁忙期には、ジブンの姿を、ふと鏡で見て凹んだものです。
打ち合わせで会う取引先の女性担当者が、きちんと仕事が出来そうな
印象だったことに追い討ちをかけられました。
「このひとの方が大変なはずなのに、ナゼ?!」と。
目もとの印象はとっても重要だと思います。よれよれのワタシは何人ものひとに
「大丈夫ですか?」「疲れてますね」って言われたし。
仕事の面では、「安定感」、「信頼感」という意味でマイナスだったと思います。

「コレクター」はクマを隠してくれるための部分用ファンデーション。
コンシーラーだけではカバーしにくいクマやくすみ、
影、疲れ目に特化したアイテム。

コレクター

「コレクター」は、7色展開。ワタシは一番濃い、ピーチを使っています。
以前、クマ隠しにはオレンジのコンシーラーというのを聞いたのですが、
ピーチはオレンジにも似た濃いめのカラーです。
コレがワタシの肌には絶妙にフィット。しっかり隠してくれます。
ワタシはブラシでおいたあと、指でなじませるように仕上げています。

この上から、「クリーミーコンシーラー キット」を使います。
「クリーミーコンシーラー キット」はクリーミー コンシーラーと
プレストパウダーが左右にセットされています。

クリーミーコンシーラー キット

「クリーミーコンシーラー キット」は、なんと10色展開なのです。
ワタシは、クリーミーコンシーラーが ウォームベージュのものを使用。
目もとをファンデーションのカラーよりワントーン明るく整えることで
明るくフレッシュな印象に仕上げるのが、ボビイ ブラウン メイクの特徴だそう。
だから、場合によってはファンデーションの色数を超えるカラー展開なのかな。
ちなみに、プレストパウダーがセットされていない、クリーミーコンシーラー
のみも発売されています。個人的には、プレストパウダーがある方が便利だと思う。

最初に「コレクター」を使った上から、クリーミーコンシーラーを使います。
こちらは、「コレクター」より、やや柔らかめという印象です。
指でのせても良いみたいだけれど、ワタシはこちらもブラシでのせたあと、
指でなじませています。コンシーラー的なものを重ねるって、はじめてだけれど、
効果があると実感しました。それぞれの役割がちゃんと解ります。

最後にプレストパウダーを、パフかブラシでのせます。
ワタシはプレストパウダーの方が、上手に仕上げられると思いました。
クセやジブンの得意な方法で良いと思うけれどね。

コレ、濱田マサルさんもブログで紹介されていました。
モデルさんを使っての記事は、使い方含めてとても解りやすいです。
モデルさんの顔は、実際、驚くほどに印象が変わったという仕上がりなのですが、
コレが「プロの仕事」だからではないことは、実際に使ってみると判るの。
ワタシでも、このアイテムを使うと簡単にクマが無かったことになりました。
手順を追ってゆくにつれ、見る見るクマが目立たなくなるのには感動すら覚えます。

クマ隠しステップ

こんな風にワタシの万年残念な目もとのクマを、3ステップでカバーしてくれます。
目もとにこんなに塗り重ねて大丈夫なの?よれたりしないの?と思うかも
しれませんが、クリーミーでしっかりフィットするテクスチャーであること、
そして、「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」で仕上げた部分には
上からファンデーションを重ねないので、崩れは気になりません。
本当に自然にクマをカバーしてくれる、心強い味方。
リニューアル前のこの2アイテムが良いと評判を聞いていたけれど、
その実力はホンモノでした。ワタシが今まで、使った目もと用のコンシーラーの中で
一番、良いと言っても過言ではないと思います。手放せなくなりそう。

自然

目もとを「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」で仕上げたあとは
ファンデーションを他の部分に使いますが、その境目も自然。
「目もとだけ頑張ってカバーしました!」という感じは全く無いです。

「明るい目もと」を作ったあと、「くっきりした目」を演出するためには、
「ロングウェア ジェルアイライナー」を使います。コレ、現在、13色展開!
ブラックかブラウンかと思っていたジェルアイライナーが13色あったことに
驚きました。聞けば、ボビイ ブラウン愛用者の友人は何色も持っているそう。

ロングウェア ジェルアイライナー

ロングセラーで有名なボビイ ブラウンの「ロングウェア ジェルアイライナー」ですが、
ワタシは、はじめて使いました。まずは、定番のブラックインクでデビュウ。

ブラックインク

ボビイ ブラウンの「ロングウェア ジェルアイライナー」は柔らかく、
濃度の調整がしやすいという印象です。あまり、「濃い」のはニガテだなと
思うひとでも、慣れれば、望み通りの濃さが引けるのではないかな。
ワタシは普段、はっきりアイライナーを引くアイメイクはしないので、
使ってみた「ロングウェア ジェルアイライナー」の「くっきりした目」効果に
ジブンが一番ビックリしてしまいました。コレ、目尻に効果的。

現在、ボビイ ブラウンでは、「キャリア アップ セット」を発売中。
ワタシが使ったのは「コンシーラー ブラシ」なのですが、
セットに含まれているのは
「特製 コンシーラー/アイブレンダー デュアル ブレンダー ブラシ」。
コンシーラーブラシの反対側がプレストパウダーをのせるブラシになっている
2WAYブラシなのです。コレ、欲しいなぁと思ったけれど、セット用の
「特製」なんだよね。ワタシがプレストパウダーをのせるのに、パフの方が
良いと感じたのは、最適なブラシが無いからかもしれないと。。。と悶々。
さらにポーチもついて、14,490円です。ワタシが使ったアイテムの合計が
18,615円だから、かなりお買い得。ジェルアイライナーは要らないわという場合は
「コレクター」と「クリーミーコンシーラー キット」のみのセットもあります。
こちらも、デュアル ブレンダー ブラシとポーチ付きで8,400円。
「ロングウェア ジェルアイライナー」とブラシのみのセットもありますよー。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>


 関 連 記 事 

・2010年クリスマスコレクション 「ミニ ボビイ ブライツ パレット」

・下まつ毛には ボビイ ブラウン 「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」

・ベーシックアイメイク ボビイ ブラウン 「チョコレート アイパレット」

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

・"肌"という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2010.10.30 Saturday 02:27

2010年クリスマスコレクション 「ミニ ボビイ ブライツ パレット」

ホリデイ ギフト ガイド「ミニ ボビイ ブライツ パレット」

ブランド:ボビイ ブラウン
価格:¥8,925(税込)
2010年10月29日限定発売

今年のホリデーアイテムの中で最初に「欲しい!」と思ったのがコレ。
ボビイ ブラウンのアイシャドウパレット「ミニ ボビイ ブライツ パレット」です。
ムカシは、クリスマス限定といえば、いろんなものがお得にセットされた
クリスマスコフレ狙いだったのですが、最近はこだわりの一品方向に。
年齢と共に嗜好が変わってくるのをこんなところで感じてみたりします(笑)
若いうちは、「アレもコレも欲しい!」って感じで、それがセットに
なっているお得なコフレがとても魅力的に思えたんだね。
とにかく、様々なものが一度に手に入ることが嬉しかったんだ。

「ミニ ボビイ ブライツ パレット」はボビイ自身が厳選した20色が
セットされたアイシャドウパレットです。絵の具パレットのようでもあり、
バックステージで使われるアーティストパレットのミニチュアのようでもあり。
10色ずつセットされた2面式のパレットは折りたたみ収納式。

下側10色

下側にはミニサイズのアイシャドウブラシも1本セット。

上側10色

上側はさらに鏡も付いています。

このパレットには、メタリック アイシャドウ、マットなアイシャドウ、
水溶きでも使えるシマーウォッシュ アイシャドウの3種類の質感の
アイシャドウがセット。メタリックとシマーウォッシュは、普通に使えば
それほど質感に差はないとのこと。どれがどのタイプなのかは、
パレット裏側に色名と共に書かれています。その位置はランダム。

タテに使う

ただ一見、カラフルに並べられたパレットのようにも思えますが、
コレ、タテに4色使うと、同系色のグラデーションメイクが簡単に出来ます。
よく見れば「そうじゃん!」と思うのですが、ワタシ、聞くまで気づかなかった。
なんだか、そのたくさんの色味に目を奪われてしまっていたんだよね。

全20色

今回、セットされている20色はコチラ。
調べると、カラフルポップなカラーって単色のボビイのラインナップには無いのです。
それに真っ先に気づいたメイク好きのともだちのことを改めてスゴイと思いました。
写真を見て「あれ?ボビイのワリにカラフルじゃない?」って言ったの。

真ん中のタテ4色でメイク

購入の際のタッチアップでは、真ん中のグリーン系タテ4色を使用。
こちらがその際の写真です。
アイライナーはそのあと行った別ブランドで引きました。
シメ色のアイビーが想像以上に良い感じ。
一見、ギョッとする緑のジェイドも肌になじんで使えるカラーでした。

購入前にその広げた姿の写真を見て、「使えそう!」と思って買ったわけですが、
店頭で見たら、その外側のパッケージのデザインも好きでした。

メイクのトランク

兆番の付いた小さなメイクトランクのよう。
ゴールドのエンブレムもとっても好み!20色がセットされていますが、
それほど大きなサイズでないところも使えそうです。
ポーチにシングル20色を入れてゆくのは無理だけれど、これなら。

サイズ感が伝わるかな

サイズ感が伝わるかなと、「シマーブリック」やシングル3色が収まる「3パンパレット」、
「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」と写真を撮ってみました。

2010年のボビイブラウンのクリスマスは「クラシック・ヴィンテージ」
というテーマ。“上質を知る大人の女性ならではのホリデイルック”を
考えているのだそう。カラーアイテムは3つのタイトルの元、
3回に分けて発売されます。今回は、その第一弾でした。
この後、11/19、12/1と続きます。
12/1発売の「モダン クラシック リップ&アイ パレット」も少し気になるの。
正直、ワタシはリップパレット部分は要らないのですが、10色のアイシャドウが
どれもこれもマストハブな使えそうなヴィンテージカラー。
あと、カラーアイテムではありませんが、
11/5に「ハイドレイティング アイ セット」も発売されます。
こちらはアイクリーム現品にミニサイズがセットになったもの。

「ミニ ボビイ ブライツ パレット」はワタシの2010年クリスマス限定アイテム
第一弾のお買いもの。今年は、ほとんど購入予定はないので、ひっそり。

イセタンビューティ<ボビイ ブラウン>
そごう・西武ネットのコスメショッピングサイト
大丸のコスメWEBショッピング


 関 連 記 事 

・ベーシックアイメイク ボビイ ブラウン 「チョコレート アイパレット」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2009.12.31 Thursday 23:05

2009年最後の記事 WOMANIA流 ベストコスメ 2009

WOMANIA's Best Cosmetic 2009

今年もあと少しでおしまいです。
1年間の総まとめとして、ワタシも今年1年を振り返ってのベストコスメを
考えてみました。基準は、今年、ワタシがはじめて出会ったもの、
その中で印象に残ったもの。なので、限定品や新発売でないものもあるでしょう。
それらを、つらつらとあげてみたいと思います。
考えたら、「コレ、スゴイ!」って思ったはずなのに、忘れているものや
逆に、大してたくさん使ったわけでもないのに、強烈に思えるものもあって。
こういう「振り返り」って大切ネ。
この記事は長いので、お正月休みの暇なときなどに読むことをオススメします。

洗顔部門
Cor 「Corシルバーソープ」<30g ¥7,350(税込)>

固形石けんなのだけれど、そのチカラは固形石けんにあらず。
泡立てたソープではパックも出来ます。
位置づけ的には、洗顔も出来る泡パックフォームと同じかな。
洗うほどに肌が整い、滑らかになるような感じです。
値が張りますが、値段なりの価値はあると思わせてくれる逸品。
海外の美容に敏感な方々にも愛されてきたソープ、
使った瞬間、「さすが!」と感じました。

「Corシルバーソープ」の本記事はコチラ→
Corシルバーソープ公式サイト


美容液部門
ランコム 「ジェニフィック」<30mL ¥10,500(税込)>

言わずと知れた、ランコムの導入美容液「ジェニフィック」。
こちらをベストコスメに選んだブロガーさんも多いと思います。
Yahoo!BEAUTY、@コスメ、VoCEのベストコスメにも選ばれていたしネ。
「肌が変わる」というのは、嘘ではないのではないかと思う美容液。
ワタシの場合は、肌の弾力と柔らかさに効果がありました。
ランコムが10年間に及ぶ遺伝子情報とそれにまつわるタンパク質の研究をして
生まれた「ジェニフィック」。ランコムのチカラを見せつけられました。
今年、はじめてランコムの新商品発表会に参加させていただき、
この記念すべき美容液の発表に立ち会えたのも良い思い出です。

「ジェニフィック」の本記事はコチラ→
ランコムオンライン


オールインワン部門
リソウ「リペアジェル」<32mL ¥15,750(税込)>

化粧水、美容液、乳液もたくさん使ったはずなのに、
このリソウ「リペアジェル」の印象が強すぎて。
オールインワンの物足りなさや、とりあえず感を払拭してくれたのが
この「リペアジェル」です。いろんなものをつけても感じていた乾燥が
これだけで、落ち着いたのにはビックリ。一番、手軽で一番信用できるカモ。
忙しいときは、頼れる心強い存在です。
美容液の観点から作られたオールインワンは、1本でしっかりとした手応えを
感じさせてくれます。ワタシ的オールインワンイメージ革命。

「リペアジェル」本記事はコチラ→
リソウコーポレーション


マスク・パック部門
スピカズ「Pufiily モイスチャアシートマスク」<¥3,360(税込)>

ワタシの場合、くすみに絶大な効果をもらたしてくれるマスク。
使ったところだけ白く型になってしまうという恐ろしさ。
天然コラーゲンをほぼ100%フリーズドライしたシートマスクです。
肌を濡らし、乾いたマスクを貼り付けて、さらに濡らすタイプ。
毛穴がコラーゲンで埋められたような、なめらかな肌になり、
肌密度もあがったようになります。エステでも使われている実力。

「Pufiily モイスチャアシートマスク」本記事はコチラ→
Pufiily(パフィリィ)モイスチャアシートマスク


ボディケア部門
POLA 「ザ デコルテクリーム B.A」<80g ¥15,750(税込)>
クラランス 「リフトマンスール ハイ ディフィニシオン」<200g ¥7,350(税込)>
Etiaxil 「デトランスピラン」<15mL ¥4,800(税込)※ユーアップ購入価格>

デコルテケア好きのワタシが納得したのがPOLA「ザ デコルテクリーム B.A」。
とろけるような触感のクリームが、なめらかなシルクマット肌へ整えてくれます。
脚ケアでは、4月にリニューアルしたクラランスのリフトマンスール。
今までのリフトマンスールから明らかに進化したと実感しました。
肌表面を滑らかにしてくれるし、むくみへの効果もあります。
過去のものより、香りやスースー感も弱いので、使いやすいです。
そして、デオドラント効果に絶大な効果を発揮したのが、
フランスのEtiaxil(エティアキシル)「デトランスピラン」。
今までにない、「汗をかかなくなる」制汗剤にビックリ。
ワキ汗に悩むともだちも、「コレはスゴイ」と驚いていました。
日本では個人輸入などで購入できます。

「ザ デコルテクリーム B.A」本記事はコチラ→
クラランス 「リフトマンスール ハイ ディフィニシオン」本記事はコチラ→
Etiaxil(エティアキシル)「デトランスピラン」本記事はコチラ→
POLAとクラランスは【伊勢丹】BEAUTYで購入可能
「デトランスピラン」はコチラで購入可能


ヘアケア部門
アユーラ 「ヴァカンス ヘアプロテクター」<28g コフレ限定品>
ケラスターゼ レジスタンスシリーズ「フォルス」
リーゼ 「デザイニング ジュレ」 IV.束感メイク<75mL オープン価格>

「ベストオブアユーラ2009」に入っていたコフレ限定品の
アウトバストリートメント「ヴァカンス ヘアプロテクター」。
好き過ぎて、コフレを2セット買っちゃったほど。
するする、サラサラでまとまりの良い髪になります。絶賛。
トータルのヘアケアでは、ケラスターゼのレジスタンスシリーズ「フォルス」。
モニターをきっかけに、フルラインで使い始めましたが、
髪が柔らかく、1本1本毛先まで調子が良くなるよう。
ジブンでもリピートして、使っています。
コレ、ヘアケアにありがちな髪が慣れる感じがないところも好き。
今年は、ワタシの巻き髪元年(笑)
夜、巻いて寝るということを覚えてから巻き髪率が上がりました。
そんな巻き髪に大活躍したのがリーゼ「デザイニング ジュレ」。
固まらなくて軽いのに、しっかりカールが持続するところがスバラスィ。
リーゼを見直した2009年でした。

「ヴァカンス ヘアプロテクター」本記事はコチラ→
レジスタンスシリーズ「フォルス」本記事はコチラ→
「デザイニング ジュレ」本記事はコチラ→
「ベストオブアユーラ2009」は現在も【伊勢丹】BEAUTYで販売中


ファンデーション部門
POLA アグレーラ「パウダリィ グロウモイスト」<9g ¥4,200(税込)>

良いリキッドにも出会えた年だったのですが、ワタシはやっぱり、
基本的にパウダーファンデーションが好きなので、コレ。
手軽だけれど、崩れない、くすまない、乾燥しない、
そして、しっかりしたカバー力もあるパウダーファンデってなかなかない。
「パウダリィ グロウモイスト」は、ほぼそのあたりを兼ね備えています。
便利だから1個は持っていたいと思うファンデーション。
お直しにも便利です。ちなみに当たり前だけれど、スポンジが汚いと
よれてしまう。今年は、いつも以上にスポンジを洗った年でもある(笑)

「パウダリィ グロウモイスト」本記事はコチラ→
POLA公式ショッピングサイト


マスカラ部門
メイベリン 「ボリューム エクスプレス スパイキーコーム」<¥1,260(税込)>
ボビイ ブラウン「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」<¥3,990(税込)>
ランコム 「オシィラシオン パワーブースター」<8g ¥4,725(税込)>

お手ごろ価格の筆頭はメイベリンのスパイキーコーム。
この骨太まつ毛にな仕上がりにはビックリします。
コームタイプなので、セパレート力もあります。そして、落ちない。
ワタシの周りにもスパイキーコームファンがたくさんいます。
ワタシの下まつ毛をずっと、支えてきたのはボビイ ブラウン。
もう下まつ毛に「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」以外を
使うことなんて、考えられないカモ。塗りやすいブラシ、そしてキャッチ力。
ボビイ初採用のフィルム処方のマスカラは、やはり他のフィルムタイプと違う。
落ちないことはもちろんだけれど、フレークプルーフなところもステキ。
そして、下地、マスカラ共にお気に入りなのが「オシィラシオン」。
1年でこんなにいっぱい同シリーズのマスカラを買った年って無い。
トップコート、下地も含めると5本かな。
カール力、コート力共に、さすが、電動マスカラだと思うのです。

「ボリューム エクスプレス スパイキーコーム」本記事はコチラ→
「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」本記事はコチラ→
「オシィラシオン パワーブースター」本記事はコチラ→
メイベリンはイオンのオンラインショッピングで購入可能
ボビイ ブラウンはタカシマヤ eコスメ ビューティパレスで通販可能
ランコムオンライン


アイメイク部門
NARS「クリームアイシャドー #2801(DECAMERON)」<¥2,625(税込)>
NARS「シングルアイシャドー #2066 (TROPIC)」<¥2,625(税込)>
est「アイラッシュ シェイド」<4g ¥3,675(税込)>

今年は、ワタシの中でNARSブームが!
「クリームアイシャドー #2801」は、ブラウンメイクに深みを
加えてくれました。こんなに使えるクリームアイシャドーって無い。
「シングルアイシャドー #2066」は本当にお気に入りのカラーです。
キモチ的に夏だけのブームカラーかと思っていたのですが、
冬でもアレンジして使ってしまう。この発色の良さはオドロキ☆
アイライナーでは、estの「アイラッシュ シェイド」の限定色2色。
張り切って予約した、思い出の一品。
ワタシが今まで使ったアイライナーで一番、「使える」と感じました。
こんなのちょっとしか使わないから、永遠に使えるんじゃぁ。。。などと
思っていましたが、意外に減っている事実になんだか満足しています。
キブン的には、アイシャドウのシメ色とアイライナーの間くらいの役割。

「クリームアイシャドー #2801(DECAMERON)」本記事はコチラ→
「シングルアイシャドー #2066 (TROPIC)」本記事はコチラ→
「アイラッシュ シェイド」本記事はコチラ→
イセタンビューティ<NARS>



リップメイク部門
ラヴーシュカ「ドラマティックメモリールージュ」<2.5g ¥1,575(税込)>
資生堂 マキアージュ「パーフェクトグロス」<6g ¥2,100(税込)>
メイベリン 「ウォーター シャイニー ボリューミー リップ ベース」<¥1,470(税込)>
メイベリン「ウォーター シャイニー リップデュウ」<¥840(税込)>

ラヴーシュカ好きのワタシが、ラヴーシュカの口紅の中で一番好きなのが
「ドラマティックメモリールージュ」。RD-1はお気に入りで、毎日使って、
早々に使い切ってしまいました。廃盤になる前に買わなきゃと思っています。
最近は、みっちりした使い心地の口紅も増えてきたけれど、
ワタシの中では、この「ドラマティックメモリールージュ」が先駆けでした。
こんなに使い心地が良い、機能的な口紅ってあるんだって喜んだアイテムです。
グロスだけれど、口紅として単品で使っているのは「パーフェクトグロス」。
コレ、下地の上に重ねるのに、とっても適しているアイテムです。
発売前、テスターを試したときから「買おう」と思ったもの。
そして、決めきれず、お値段の安さにも負けて2色、買ったもの。
落ちにくいのに、唇がガビガビにならないところもお気に入り。
下地は、後半ギリギリの発売だったけれど、ワタシを夢中にさせた
「ウォーター シャイニー ボリューミー リップ ベース」。
1ヶ月半くらいで、もう使い切りそうな勢いです。これはリピートする。
唇の色が悪くて、ベースだけなんて、とんでもない!状態のワタシが
コレ1本で出かけられちゃう、すごさ。ほんのり自然な色になります。
今年はメイベリンの当り年だったと思いますが、3月に限定発売された
「ウォーター シャイニー リップデュウ」も外せません。
うるっとした仕上がりなのに、さらさらでべたつかない。
本当に不思議なグロス。これは、定番化して欲しいです。

「ドラマティックメモリールージュ」本記事はコチラ→
「パーフェクトグロス」本記事はコチラ→
「ウォーター シャイニー ボリューミー リップ ベース」本記事はコチラ→
「ウォーター シャイニー リップデュウ」本記事はコチラ→


フェイスパウダー部門
ボビイ ブラウン「シマーブリック」<10.3g ¥5,460(税込)>

フェイスパウダーの良さを知ったのも今年。
その中でも「シマーブリック」は秀逸だと思います。
やっぱり、評価されている定番アイテムなだけはあるなと。
使うきっかけをくれた、いただきものの「シマーブリック」も好きですが、
あとから免税店で買った春の限定品「シマーブリック プラチナム」もお気に入り。
やっぱり、フェイスパウダーって、メイクを立体的に見せてくれる。
現在、限定で販売されているミニサイズの「シマーブリック コンパクト」
も買おうと思ったのですが、小さいのに値段がレギュラーと同じであること、
そしてクロムカラーのケースが携帯用にはむかないほど重かったので止めました。

「シマーブリック」本記事はコチラ→
ボビイ ブラウンはタカシマヤ eコスメ ビューティパレスで通販可能


インナーコスメ部門
アルマード 「ラディーナ ビューティードリンク」<50mL ¥840(税込)>

卵殻膜のチカラを思い知ったのが、アルマードの美容ドリンク。
表参道に行ったら、たまにアルマード南青山店で飲んでみたり。
1本飲んでも、「あ、肌が違う」って感じられます。
卵殻膜の成分が、少しざらっとする感じで、美味しいと絶賛は出来ないけれど
それでもやっぱり、「卵殻膜は効くのね」と実感します。
卵殻膜のチカラを、手早く感じたいなら、美容ドリンクだと思う。

「ラディーナ ビューティードリンク」の本記事はコチラ→
Almado La Dina


美容小物部門
ユニ・チャーム シルコット「うるおい ダブル コットン」<60枚入 ¥298(税込)>

大騒ぎして捜し求めたセブンイレブン限定品の「うるおい ダブル コットン」。
やっぱり、このコットンってスゴイと思うのです。
コレを使い始めてから、パッティングに使う化粧水の量が減りました。
ローションパックも簡単に出来てしまうところも絶賛。
どうか、全国どこでも買えるようにして欲しいと願います。

「うるおい ダブル コットン」本記事はコチラ→


2009年はコチラの記事でシメたいと思います。長々とスミマセン。
今年も一年、お付き合いくださって本当にありがとうございました。
いろんなことがあったけれど、今、振り返れば、良い年ではなかったかなと
思います。たくさんの「縁」や「絆」を感じさせられました。
今年一年、遠くでも近くでもワタシに関わってくださった方に感謝をして。
ただ、一年が終わり、陽が落ちて、昇る。
平穏無事に、年を重ねられることに感謝できる年齢になりました。
みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。


 関 連 記 事 

・2008年最後の記事 WOMANIA流 ベストコスメ 2008

・今年サイゴの記事デス。WOMANIA流 2007年ベストコスメ

・ワタシの愛するリピコスメ (2006.12)

・私の上半期ベストコスメ 2006 (メイク編)




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2009.10.17 Saturday 23:49

"美に浸る空間" THE GALLERY オープニング レセプション

THE GALLERY

10/1、表参道に"美に浸る空間"、THE GALLERYがオープンしました。
THE GALLERYは、TCCプロデュースの常設イベントサロン。
過去、TCCで行われた、「各種セミナー」「メイクアップショー」「メイクアップカウンター」
「製品タッチアップ」などをマンスリーイベントとして常時開催するそう。
TCCはブロガーイベントとして開催されていたけれど、THE GALLERYは
ブロガーでなくとも、参加出来る機会を計画中。
今回は、そのオープニング レセプションに参加してきました。

会場は表参道ヒルズの裏手にあります。
クリスタルボールをはじめとし、ワタシの好きなもの終結ゾーンのあたり。
建物の2階にあるTHE GALLERYには、階段をあがってゆきます。
この日は、入り口入ってすぐのホワイエに参加ブランドのコスメの展示がありました。
参加ブランドはエスティ ローダー、インプレス、シュウ ウエムラ、ボビイブラウン。

エスティ ローダー

エスティ ローダーはクリスマスコフレの先行展示を中心に。
2009年のテーマは 「WRAPS UP THE HOLIDAY」だそう。
10/23発売のビックコフレ「メークアップ コレクション 2009」や、恒例の練り香水、
メタル コンパクトなどが一同に展示してありました。まるで、展覧会のような美しさ。
練り香水やメタル コンパクトは、もはや芸術品だよね。。。
その場には、エスティの担当さんもいらっしゃって、展示品以外のクリスマスコフレに
ついても、教えていただきました。「アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス」のキットは
11/6発売、 12/1には超オトクな「グッド アズ ゴールド 2009」も発売予定です。

インプレス

カネボウの最高峰ブランド、インプレスは話題の「コンセントレートマスク3D」
を中心に、スキンケアがフルラインで展示されていました。
業界初だという「立体シート」は、改めて見るとすごいよね。笑っちゃうほど、すごいね。
まるで、覆面。美のためにはココまでやりますか、という感じ。
家族の爆笑と引き換えに得る、ビューティーはきっとスゴイものに違いないと思います。

シュウ ウエムラ

今年のシュウ ウエムラのクリスマスコレクションはツモリ チサトとのコラボ。
「星に願いを」をテーマに、ピュアでキラキラなツモリワールドが全開です。
メイクアップパレット、アイラッシュ、フェイスパウダー、口紅、グロスセット、
ミニ ブラシ セット、バニティでの展開。グロスセットは販売店舗が限られています。
近年、様々なアーティストとコラボ展開を図るシュウ ウエムラ。
上手に旬をおさえているように思うのは、気のせいかしら。
最近、ツモリのアイテムの記事をよくブログでお見かけするのよね。
ツモリブームがまたやってきたの!?と勝手に思っています。発売は11/1から。

ボビイ ブラウン

そして、最近、ワタシを魅了しつつあるボビイ ブラウン
ボビイもホリデイコレクションを一同に展示してありました。
「ゴールドストーン ロングウェア アイ パレット」は、クリームシャドウ2色と、
ジェルアイライナー1色がパレットになったもの。乾燥が気になるアイテムなのに
パレットにセットされていて便利。ひとつひとつ、キャップが付いているのです。
「アースメタル パレット」は、アイシャドウ6色、リップ4色をセットしたパレット。
コレは、二段の折りたたみ式になっているので、携帯にも良さげな感じです。
あと、詳細がわからないのだけれど、ちっさいシマーブリックが展示されていたのです。
「コレ、ものっすごい欲しい!」と食いついてしまいました。キットの一部なのかな。
お直しアイテムとして、ファンデよりシマーブリックを使っているワタシは
ぜひとも、この小さいサイズを手に入れたいのです。非売品じゃないよね?

この日は、ブルサンのフレッシュフレーバーチーズを使ったフィンガーフードも
提供されました。ブルサンと言えば、ワタシたちの夜の集会のおとも!

ブルサンのフィンガーフードでおもてなし

ともだちに教えてもらって知ったブルサン。すごく美味しいの。
ワタシたちは、アルコールも飲まないのに、ともだちの家に集合し、ブルサンの
ガーリック&ハーブフレーバーのチーズをふすまにつけて食べ、夜通し語る。
そんなブルサンとここで出会えるとは思いませんでした。お土産にも戴いたよ。
ワタシは飲まなかったけれど、WINE FUNという情報サイト提供のワインもあったよう。

ホールで行われたプログラムは4つ。

4つのプログラム

・シュウ ウエムラ メイクアップショー(Brand Artist:木村淳一郎氏)
・THE GALLERY BRAND SESSION(ケラスターゼPRマネージャー 安尾美由紀さん)
・ボビイ ブラウン メイクアップショー(Brand Artist:佐藤洋樹氏)
・THE GALLERY ARTIST SESSION(木村淳一郎氏×佐藤洋樹氏)

全てのプログラムのコーディネーターはTCC/THE GALLERYの統括プロデューサー
である玉木秀樹氏です。クリスマスアイテムを使ってのメイクアップショーや
ビューティーに携わるお仕事をされている方の考え方や想いを聞かせていただきました。

ワタシは、安尾さんが、授与式のプレゼンテーターのお仕事のために20万円のドレスを
新調したお話が印象的で。渡すだけだから、人前に出る時間は5分。
「5分のために20万円!」と、周囲からは言われたそうだけれど、ドレスを買ったら、
その後も着る機会が増えたとか。これぞ、まさしく先行投資だなと思いました。
「攻めるときは攻める」、その姿勢が、次のステージにつながるのね。

THE GALLERYは、TCCとは違うかたちで、ブランドとユーザーのさらなる接点を
見出そうとしていると思います。これから、どんなかたちに進化するのか楽しみ。
表参道に出来た、文字通り小さなギャラリーのような会場が、美の発信地となるよう
期待しています。どんな時代も女性の美への感心だけは衰えることがないように。


 関 連 記 事 

・第2回 東京コスメティック・コレクション (2009S/S)イベントレポート

・第1回東京コスメティック・コレクション(TCC)

・東京コスメティック・コレクション(TCC)イベントレポート




ブログパーツ 
 スポンサーリンク


2009.07.24 Friday 03:53

免税店でボビイ ブラウン 「Pretty in Pink Collection」

Pretty in Pink Collection

ブランド:BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)
価格:¥8,500 ※成田免税店購入価格(国内販売価格¥10,500)

突然ですが、ソウルに来ています。
成田を発つとき、免税店のボビイ ブラウンを物色。
本当は、8/1に発売されるヌードコレクションの「シマーブリック ヌード」が
欲しかったの。海外の方が発売が早いことも多いので、「あるかな?」と
淡い期待をしていたのです。でも、「シマーブリック ヌード」は
売っていませんでした。そして代わりに出会ったのが、春の限定品
「シマーブリック プラチナム」を含むキット「Pretty in Pink Collection」。
コレ、国内では6/1に発売されたものです。
「シマーブリック プラチナムピンク」がまだ売っていることに驚き!

・シマーブリック(プラチナムピンク)
・グリッター リップバーム クリスタルダイアモンド
・フェイスブレンダー ブラシ ミニサイズ・シマーブリック専用ブラシ
・ジップつきソフトレザーポーチ

このセットが免税価格で8,500円です。
さらにJALカード利用で5%OFFにしてもらえました。
国内では、10,500円で売っていたのでお得だと思う。

シマーブリックとブラシが欲しかった

プラチナムピンクは思っていたほど、鯖っぽくならずにいい感じでした。
免税店なのに、簡単にタッチアップしてくださったよ。さすが、ボビイ!
ふんわりと優しい感じに仕上がりました。ワタシが今、ヘビーユーズしている
シマーブリック」とは色調も違うし、いいかなぁと思って購入決定。

それにね、ワタシはこのシマーブリック専用ブラシが欲しかったのです。
ミニサイズだけれど、充分に使えるし、ポーチに入れるにもいいサイズ。
単品でブラシを買うと高いけれど、シマーブリック専用ブラシが欲しい!と
思っていた矢先に出会ったのがこのキット。
ワタシ、最近、「シマーブリック」を使うと褒められたり、
聞かれたりする率が高いので調子に乗っています(笑)
完全に「シマーブリック」のトリコ。遅いよね。。。

あと、一緒に気になっていた「バッフィンググレインズ」も買いました。
コレは国内価格5,250円が4,300円で買えた。さらにコレも5%OFF♪

つられ買い

雑誌か何かで見て気になっていた、不思議な粉。
コレは洗顔に混ぜて使用するカスタムメイドのディープクレンジング剤です。
簡単に言うと、洗顔に混ぜて使うタイプのスクラブ剤。
アズキパウダーの細かいスクラブだって聞いていたから、
肌に負担もなく良いかなぁと思っていたのです。完全なるつられ買いです。

成田の免税店も安かったけれど、アシアナ航空の機内販売や、
ロッテ百貨店の免税店の方がさらに安い気がします。今、レートもいいしネ。
コスメフロアはとても盛り上がっていますよ。
安い安いと言って何でも買っていたら、えらいめにあいそうな予感大。
安すぎて、くらくらしてしまいます。


 関 連 記 事 

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

・ベーシックアイメイク ボビイ ブラウン 「チョコレート アイパレット」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2009.06.17 Wednesday 01:07

ベーシックアイメイク ボビイ ブラウン 「チョコレート アイパレット」

チョコレート アイパレット

ブランド:BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)
価格:7色セット いただきもの
2006年8月24日限定発売

シマーブリック」に続き、ともだちからもらったボビイのメイクアイテム。
しかも、別のともだちから。
家に遊びに行ったときに、ずらーっと並ぶボビイアイテムを見せてくれて、
「ボビイ、使ってみたいんだよね?何か持って帰る?」って言ってくれたの。
そして、限定発売だった、このアイシャドウパレットを持たせてくれました。

こちらも新品同様です。
すごく綺麗で、ほとんど使ってないんじゃぁ。。。と思うほど。
やっぱり、粉モノって、新しいのが出るとすぐに欲しくなるけれど、減らないのね。
最近、仲間内で、使っていない粉モノを交換しようと言い合っています。
粉モノって保存状態が良ければ、劣化も少ないし、多少、使っても減らない。
まぁ、身の回りの粉モノが変われば、2倍楽しめるだろうという想い。

「チョコレート アイパレット」という名前のアイシャドウパレットは、
7色のチョコレートカラーグラデーションがセットされたもの。
見事に茶色いグラデーション!

7色のチョコレートカラーグラデーション

左から順番に。

・アイシャドウ ボーン
・シマーウォッシュ アイシャドウ キャラメルトフィー
・アイシャドウ フラッペ
・シマーウォッシュ アイシャドウ シャンパーニュトリュフ
・シマーウォッシュ アイシャドウ カカオ
・アイシャドウ ストーン
・アイシャドウ チョコレート

アイシャドウはマット、シマーウォッシュ アイシャドウはノーブルなパール入り。

一番左の「ボーン」は眉下のハイライトに重宝。
マットなので、自然に馴染み、肌浮きするところがまったくないの。
そして、ワタシのベーシックメイクは、左から2番目の「キャラメルトフィー」を
アイホール全体に入れます。あと、目の下目元側にもハイライト効果として軽く。
そして、真ん中の「シャンパーニュトリュフ」を二重幅に使用。
さらに、右側から3番目の「カカオ」を目の中央より、目尻側にかけて、
ぼかすように入れます。囲み目のような感じで、目の下も中央から目尻側にかけて。
サイゴに目尻の三角ゾーンを右端の「チョコレート」で埋めるように、しめます。

ベーシックメイク

コレで出来たメイク。目元のシワに関してはノーコメントで(涙)
派手さはないのだけれど、ベーシックで端正な印象のメイクが出来ます。
簡単に出来るのに、ちゃんとメイクをしているように見える。

ちなみに、コチラ発色は弱め。でも、重ね塗りしても厚くならない。
特に、右3つのカラーって、強すぎると「うわっ」ってなっちゃうので、
これくらいが良いと思います。
これで、ムカシのYSLのアイシャドウには苦労した覚えアリ。

付属のブラシもパレットものの中では秀逸だと思います。
何より、この横長パレットだからだと思うけれど、長めのブラシがエライ。
ちなみに、ワタシはほとんどのアイメイクをブラシでおこなっています。
二重幅に入れる、強めに色を出したいカラーだけ、チップを使うときがあるくらい。
ブラシオンナは、スタバのマグカップにめいっぱいブラシをさしています(笑)
ワタシがブラシを買う場に遭遇したひとは、「また、ブラシ!」「そんなに、
ブラシをどうするの?」と聞きますが、使う色の分だけブラシが欲しいわぃ。

限定販売なので、もう手に入らない「チョコレート アイパレット」ですが、
コレ、1つ持っていると便利だなぁと感心したパレットでした。
どうしても、欲が出て、もう少し、カラーバリエをと思ってしまうけれど、
本当に使えるパレットというのは、こういうものなのかもしれないと。
ジブンじゃ買わなかった、茶色パレット。使ってみて、良さが解りました。
ボビイって、そういうアイテムが多い気がします。


 関 連 記 事 

・ボビイ ブラウン初フィルムタイプ 「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

・"肌"という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2009.05.25 Monday 16:00

ボビイ ブラウン初フィルムタイプ 「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」

パーフェクトリー ディファインド マスカラ

ブランド:BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)
価格:¥3,990(税込)
2009年6月4日発売

Fanet×Blingコラボ『Club-Fブログモニター』第1弾の中に入っていた、
ボビイ ブラウンの新しいマスカラ「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」。
6/4の発売を前にして、ひとあしお先に使わせていただきました。

このマスカラ、何といっても一番の特徴はウォータープルーフのフィルム処方。
コレ、ボビイ初採用です。
前にも書いたけれど、ナゼだかカウンターコスメにフィルムタイプが少ないように思う。
そして、カウンターコスメのマスカラのフィルムタイプの方が質が高い気がするのです。
値段が高いから、そんな気がするんじゃないの?って思ったこともあるけれど、
この手のヤツはオイルクレンジングで、フィルムが溶けないんだよね。。。
お湯で落ちるというフィルムタイプだけれど、落ちたフィルムが目の周りで
クレンジングと混ざり、タール状になるのが、ワタシにはものすごく厄介でイヤなのです。
こうなると、なかなか落ちないし。もちろん、カウンター以外のフィルムマスカラ全てが
溶けるというわけではありませんが。そういうのが多いなぁと。

この、ボビイの「パーフェクトリー ディファインド マスカラ」もフィルムが
溶けませんでした。ストレスフリーな落とし心地(ヘンな表現。。。)。
しかも、フレークプルーフなので、細かいフィルム落ちもしません。
気づいたら、細かい繊維というか、マスカラの残骸が落ちていることがないの。
もちろん、パンダになることもありません。スバラスィ☆

ブラシもなんだか、不思議なカタチで塗りやすいです。
マルチコームブラシという名前らしいですが、スパイラルコームのような形状。
これが、満遍なく、まつ毛にマスカラ液をつけてくれるように感じます。

マルチコームブラシ

一度塗りで、ぐわっとまつ毛にボリュームが出るというよりは、セパレートな
自然な仕上がりに見せてくれる、このマスカラ。液も、モサモサしていないので、
重ね塗りもしやすいです。ワタシ的には、3度塗りくらいが好み。
最初は、「物足りないかな。。。」と思ったりもしましたが、重ねやすいところは
とっても魅力的です。今までは、ワタシ、マスカラを重ねるとガビガビに悪化するだけの
ような気がして、あまり好きじゃなかったんだよねー。

さらに、このマスカラ、下まつ毛に塗りやすいのです。
不思議なことに、さっと付けるだけで、下まつ毛をキレイに拾う。
上も下もキレイに塗れて、落ちない、フィルムタイプは重宝し過ぎ。
メイクを落とさない、ボディエステやヘッドスパを受けるときは必須です。
コレ、ボディが少し小ぶりなコンパクトサイズなので、ポーチに入れるのもヨシ。
1本持ち歩いていると、いろんなことに対応してくれそう。

ボビイって、派手に見せるとか激的変化を与えてくれるのではなく、
「普通に良く見せてくれる」アイテムが多いなぁと思います。
そういうのって、扱いやすいので、やっぱり手にとってしまう。
ワタシの安心マスカラがまたひとつ、増えました。

ボビイ ブラウン公式サイト→

ファッション・コスメ・恋愛情報が満載!小学館「 Club-F(クラブエフ)」→


 関 連 記 事 

・ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

・"肌"という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」

・小学館女性誌発統合サイト発ブログサイト Club-F(クラブ・エフ)




ブログパーツ 
 スポンサーリンク


2009.04.05 Sunday 02:39

ボビイ ブラウン 「シマーブリック」の良さを実感

シマーブリック!

ブランド:BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)
価格:10.3g いただきもの

TCCや「スキンファンデーション」を買いに行ったとき、
ボビイのフェイスパウダー、「シマーブリック」を使っていただいたのです。
そのときから、「いい仕事をするなぁ」と思っていました。
人気があるのも判る気がした。
ただ、ワタシは使いこなす自信がなかったの。きっと、新品同様になるに違いない。
そもそも、ウチにはフェイスパウダー、いっぱいあるしね。

そうしたら、ある日、ともだちが「コレ、使ってみたいんでしょ?」と
くれたのです。彼女も使った、おさがりなんだけれど、とってもキレイに
使っていらっしゃる。フェイスパウダーにしろ、アイシャドウにしろ、
使い切るなんてことは稀なのに、新色や新アイテムがでると、
欲しくなっちゃうものね。こうやって、仲間内で「お試し」にしろ、
シェアできるっていいなぁと思いました。

ワタシがいただいたのは、現在のレギュラーラインには入っていないもよう。
グロウ、ニューベージュ、ピーチゴールド、ピンクスクープ、ブラウンゴールドの
5色がセットされているものです。ワタシ好みのカラー展開ですよ。
ほぼ、過去の「シマーブリック」を全て、使ったという、
自称「シマーブリックマニア」のmikariさん
「コレが一番、使いやすい!」というカラーです。

そんなに使わないだろうから、おさがりで充分♪だと浮かれていたワタシですが、
実際、使ってみたら、その仕上がりに大満足。日々、使うほどのヘビーユーズ!
甘い、可愛らしい印象がキャラじゃないと思っているワタシは、
「シマーブリック」をやや、外より、フェイスライン側に
シェーディングのように入れています。
5色ブレンドはなんとなく、上めを中心に使いつつ。
そうすると、不思議なことにメイクの仕上がりの印象がいつもより端正に見える。
濃すぎず、ぼんやりし過ぎず、ちょうどよい好みの仕上がりのメイクです。
思ったより、簡単に使えちゃうので、拍子抜けしちゃった。

コレを使い切っちゃったら、レギュラーのアプリコットとか買えばいいのかなぁと
今から、そんな心配をする始末です。
「シマーブリック」って限定カラーが多いんだよね。
そもそも、最初は限定アイテムとして、リリースされていたんでしょ?
ワタシはシマーブリック道に足を踏み入れたばかりだけれど、
それでも、みんなが「良い」って言うのが解りました。
今、限定で発売されているプラチナムピンク
ワタシの肌の色には似合わないかなぁと思っていたけれど、もしかして、
甘すぎず、クールなエッセンスをプラスしてくれるんだろうか。
これからは、新色、限定色もチェックしてゆきたいと思います。
またひとつ、メイクの楽しみが増えました。
ステキなきっかけをくれた、ともだちに感謝。

 外箱ナシだと3,148円


 関 連 記 事 

・"肌"という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」




ブログパーツ
 スポンサーリンク


2009.01.25 Sunday 03:39

“肌”という名前 ボビイ ブラウン 「スキン ファンデーション SPF15(PA+)」

スキン ファンデーション SPF15(PA+)

ブランド:BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)
価格:¥6,300(税込)
2009年1月23日発売

トレンダーズのおすすめでボビイ ブラウン スタジオ
ベースメイクアップレッスンに行ってきました。
メインは1/23発売の新作ファンデ「スキン ファンデーション SPF15」。
ボビイ ブラウン スタジオといっても、全国の百貨店を中心とした、
いわゆるコスメカウンターです。
ワタシがいつも行っている百貨店の中にもありました。

「ボビイ ブラウン」スタジオではメイクレッスンをしています

ワタシ、ボビイ ブラウン初体験。
TCCの展示ブースでオハナシを聞いたり、カウンターを通りがかったときに、
店頭で軽く接客をしていただいたことはあるけれど、ちゃんと使うのは初めてです。
chikorinさんが、ボビイ愛用者で、ハナシを聞くたび興味はあったんだよね。
「メイクレッスン、予約しちゃった」って言っているのを聞いて、
そんなサーヴィスがあるのかぁ。。。と思っていたのです。
でも、愛用者だけのものかと思ってたの。

でも、実際はそんなこともなく。
初心者のワタシにもイチから教えてくださいました。
ボビイ ブラウンでは、ベースメイクだけでなく、様々なアプローチからの
メイクアップレッスンを実施しています。製品の使い方だけでなく、スキントーンに
あった色選びやブラシのテクニックまで教えてくださるよう。
メニューには「パーフェクト アーチ」という、アイブローテクニックのレッスンも
ありました。メイクに悩んだら、ボビイに相談してみることも出来るネ。

豊富なカラーが特徴

ベースメイクアップレッスンは目の下のメイクを落として行います。
最初に肌悩みを聞いてくださって、それにあわせたスキンケアアイテムで
肌を整えたあと、ベースメイクをはじめます。ボビイのベースメイクでは、
目元の悩みの有無にかかわらず、コンシーラーを使うそう。
「コレクター」というクマなどをカバーするコントロールカラーを使ったあと、
「クリーミー コンシーラー キット」という、クリームコンシーラーと
ルースパウダーのセットで仕上げます。目元にはファンデは使わず、コレのみ。
この「クリーミー コンシーラー キット」が9色展開なのには驚きました。
普通、コンシーラーって3色くらいしかないよね?

全10色

ボビイのスゴイところは、なんといっても豊富なカラー展開。
今回のスキン ファンデーションも10色展開です。
しかも、日本女性のために生まれたリキッドファンデーションなんだって。

0.25単位とかスゴイよね

細かく刻まれたカラー。2.75とか、なんてビミョーなの。
好みの仕上がりを聞いてくださり、肌に候補色をのせてくださいます。
ワタシは4 ナチュラルをのせた瞬間、「今、ドコに塗ったかどうか、
わからないほどですが、どうですか?」と聞かれ、コレに決定しました。
あまりにも判らなさ過ぎのドンピシャにビックリ感動。

ピッタリのカラーが見つかる

ボビイではこのスキンファンデーションをファンデーション ブラシで塗ります。
「えっ、そんなちゃちゃっとでいいの?」っていうくらい簡単でビックリしました。
ブラシで塗ることによって、なめらかに均一にのせることができるんだって。
でも、普段は指で塗っていると伝えたら、「慣れているのが一番だと思います」
って言われました。「こうしないとダメ!」って無理をさせないトコが嬉しいです。

ワタシが使った乾燥だと、ブラシでつけるより、指で丁寧に塗った方が
カバー力がある感じでした。薄づきが好きなひとはブラシなのかな。
ワタシの場合は、カウンターで塗っていただいたときは、もうちょっと
頬のあたりがカバーされないのかな?って思ったの。
でも、ジブンでいつものようにメイクしたら、しっかりカバー。

このファンデーション、色がピッタリなのもあるけれど、本当に自然。
スキン ファンデーションという名前の通り、何もまとっていないような
軽さと透明感が出るそうなんだけれど、色がピッタリなことも、
"肌"と呼べる所以だと思う。改めて色選びって大切だなぁって実感したアイテム。

とっても自然です

スキンファンデーションは、のびがよく、カバー力もあります。
リキッドファンデーションなんだけれど、ゆるゆるじゃなくてワタシは好き。
ゆるゆるのリキッドファンデーションって、丁寧につけないと
ムラになったりするもの。仕上がり的にはハーフマットくらいかな。
ウォーターチャージ システムを採用しているとかで、
つけたあとの肌がしっとりします。
乾燥しないだけでなく、1日過ごしても、崩れやよれがなく、自然。
コレは第二の肌だって言ってもいいと思います。
夜から予定があるときとかに、使いたいファンデーション。

この日、メイクアップレッスンで使っていただいたアイテムたち。

この日、メイクしていただいたアイテム

ベースから作っていただいて、パウダー、ブロンザー、リップ、グロスと
好みを聞きながら、似合う色を選んで仕上げていただきました。
頬がピンクのチークがニガテと言ったら、ブロンザーをチークのように
使ってくださった。コレが、いい仕上がりで気に入りました。
あと、やっぱり、有名な「シマーブリック」は立体感が出ていいよネ。

ベースメイクアップレッスンは予約制ですが、しっかりと1:1で
教えてくださるので、とっても良い経験になります。
何より、ジブンに合うものを選んでくれるのがイイ。

ボビイといえば、ファンデーションのサンプルが豊富なところ。
以前、TCCでファンデのサンプルをいただいたのですが、ゆいさんとワタシで
色が違ったの。標準色以外のサンプルを用意していることに驚いた。
そのことを、メイクアップレッスンのときに聞いたら、
今回も5色程度用意しているそう。
色の合わないファンデを家の中で使ってみたって、判らないもんね。
いつもと同じ環境下でちゃんと使って、判断したい。
それは、標準色ではないワタシが痛感していたことです。
ボビイのカウンターに行けば、ちゃんと肌色を判断してサンプルをくださるそう。
色にこだわりを持ったボビイ ブラウンならでは。
思えば、ファンデーションって長くお付き合いするアイテムです。
顔の中じゃ塗る面積も広いしネ。
色が合わない、乾燥する、崩れる、そんなストレスがないと快適なはず。

コレ、マキア3月号の「マキアエディター鵜飼の予約即決リスト」にも
「春のフレッシュな木漏れ日肌」として紹介されていました。

マキア3月号 P240に載ってるヨ!


 関 連 記 事 

・第1回東京コスメティック・コレクション(TCC)

・東京コスメティック・コレクション(TCC)イベントレポート




ブログパーツ 
 スポンサーリンク


2008.04.14 Monday 06:10

東京コスメティック・コレクション(TCC)イベントレポート

東京コスメティック・コレクション

ウーマンジャパン 美容研究所からご招待頂いて、
東京コスメティック・コレクションに参加してまいりました♪
場所は南青山のモーダポリティカです。
いやいや、ブログはじめたときはこんなイベントにご招待いただけるなんて
夢にも思っておりませんでした。延々と書き続けてヨカッタ。

東京コスメティック・コレクションは日本初の
コスメティック・ブランド展示イベント。
ファッションショーと異なり、タッチ&トライが必要なコスメにおいて
数千人・数万人規模のイベントでは、製品のよさを訴求できないよね。
だから、今までコスメ業界ではプレス関係者を中心とした新商品発表会を
行うのが慣習だったらしいです。
ところが、最近はブログなどの普及により一般のひとたちでも影響力を持つことが
出来る。だったら、そういうひとたちを招待してイベントをしちゃおう!
ということで誕生したそうです。
だから、今回の参加者さんはおもにブロガーさんたち。
ワタシもその端っこに混ぜてもらえたのでした。

メインステージではデモンストレーションなどなど

今回はBOBBI BROWN、GIVENCHY、LANCOME、M・A・C、YSLが参加です。
会場いっぱいに、美意識の高いビューティーブロガーさんがひしめき合う姿は圧巻。
ワタシは白天使を見つけたので、ひっついてました。
ヒースローから登場したあみちゃんとか、JJさんも一緒。
途中でばたこさんとも対面を果たせたのでヨカッター。

各ブランドのネームが入ったフードは立食でも食べやすいようにミニバッグ入り。

透明バッグ入り 野菜をスイーツに盛り込んだヘルシーフード

さらにアンテノールのミニケーキはなんと!フリーサービスな太っ腹。

アンテノールのミニケーキ

ひさしぶりにアンテノールのケーキ食べたー♪小さいって罪だね。
ちっちゃいから2コくらいはいいだろうと思ってしまうんですもの。
子供のころ、父ちゃんが飲んで帰ってくる日のおみやはアンテノールですた。

ステージコンテンツとしては、TCC AWARD 2008 spring「ランコム賞」の
授賞式、メイクアップ&トークショーがメインでした。

おぐねー登場

「おぐねー」こと小椋ケンイチさんがすすめる中、マック、ボビィ、ランコムの
各ブランドアーティストさんによるメイクアップショーが披露されます。

コチラはM・A・Cのショーでございます。

会場内ではタッチ&トライとして各ブランドブースが登場。

****** YSL ******

フレグランス「elle」がメインのYSL

コチラはフレグランス「elle」がメインの展示でした。
東京に来るまで、3年間ほどYSLにどっぷりハマっていたワタシとしては、
今のスキンケアや色モノも見たかったょ。。。ざんねん。
次回はそちらもぜひ、お願いします!

****** BOBBI BROWN ******

ボビィ ブラウンのブースはベースメイク中心?

コチラでは、ファンデのサンプルを戴いた上にタッチアップも。
シマーブリックのブロンズを頬とデコルテにのせて戴きました。
「アナタにはコレが似合うと思う」というセレクトの元に、使って頂くと感動。
カウンターで困るのは「どれがいいですか?」とか「使ってみたい色は?」っての。
欲しいものが決まってるときはいいんだけれど、「どれがいいかわからんから
来たんですっ!」っていうとき困るんだよね。判ってたらネットで買うって。
ボビイのスタッフさんはリップもタッチアップしてくださったの。

ファンデのサンプルいただきました。

戴いたサンプルは3月21日に発売したナチュラル フィニッシュ ロングラスティング
ファンデーション。ゆいさんと一緒にブースをまわっていたのだけれど、
「アナタにはコレ」「こっちのひとはコレ」ってサンプルなのに色が違うことに
大きく感動。サンプルって標準色しか用意してないことが多いのにね。
ワタシが戴いたのは「2.5 ウォームサンド」。このファンデ10色展開だ!!

****** M・A・C ******

マックでは5月2日発売の新商品を展示!

マックは5月2日に発売予定の夏の新色「ノーティ ノーティカルズ」を中心に展示。
セーラーズがテーマということもあって、ヴィヴィッドな赤やネイビーがキュート。
プレスリリースを資料に戴いたのだけれど、名前もセーラー感があってステキです。
「ブイ オ ブイ」とか「ヘイ、セーラー」とか「ラブ ノット」とか。
ボディ用のブロンザーも展示されていました。

****** GIVENCHY ******

ジバンシーもフレグランス中心。

ジバンシーではフレグランスの「ジャルダン ダンテルディ バタフライ」と
「ジャルダン ダンテルディ」、アイカラーの「プリズム・イシム・アイズ No.56」の展示。
「ジャルダン ダンテルディ」は日本・アジア限定新発売だそう。
これって、ヘップバーンのためにクリエイトした「ランテルディ」を
引き継ぐ香りだそう。ジバンシーといえば、ヘップバーンだもんね。
「ランテルディ」が復元されて発売されると聞いたときは萌えたなぁ。
ジバンシーの香水って優しい香りだから好き。

LANCOMEのブースももちろんあったのだけれど、コチラはひとが多くて断念。
一瞬、すいてる隙があったので、そのときに行けばよかったです(涙)

会場にはフォトスペースもあって、プロのカメラマンさんに撮影して頂けるの。
ワタシも撮って頂きました。ブログ初めてからプロのカメラマンさんに
撮影して頂く機会が増えましたネ。いい被写体であるかは疑問。すんません。。。
白天使と一緒に撮影してもらった写真は個人的に楽しみ。
オセロばりに黒白はっきりしてると思う(笑)

最後には抽選会。おぐねーに加えて、to4∞★トシヤさんも登場です。
そうっ、あの楽屋ミラーが当たるというのですよ。

楽屋ミラーが当たります

この前、楽屋ミラーの記事を書いたので、タイムリー。
まさか、ココでご本人たちをお見かけするとは!!

この日はまさに美の競演のような2時間でした。
今回はプレイベントということで、ご招待いただいたのだけれど、
これから年2回開催予定だそうです。次回、開催は10月18日だって。
すでに、次回開催のエントリーが公式サイトではじまっています。

豪華お土産もたくさん戴きました。
ココからは、キョーミのある方だけどうぞ。

こんなにおみやげ。

<YSL>
elle スプレーサンプル

<BOBBI BROWN>
ミニ チューブ ティント セット(リップグロスミニサイズ4色セット)

<M・A・C>
ライトフル プロテクティブ モイスチャーライザー サンプル(薬用美白乳液)
チャージド ウォーター フレッシュ エナジャイザー 現品(化粧水)

<GIVENCHY>
リンクル ディファイ サンプルキット
ジャルダン ダンテルディ バタフライ パウチサンプル
ジャルダン ダンテルディ パウチサンプル
ポップ・グロス・クリスタル 402 ミニサイズ

<LANCOME>
UV エクスペール ニューロシールド50 現品(日焼け止め用乳液)
マキケーキ UV アンフィニテ 現品(パウダーファンデ)
ヴィルトゥーズ 現品(マスカラ)
ジューシーチューブ ワールドツアー 101 現品(リップグロス)

M・A・Cの化粧水、はじめてなので嬉しい。
あと、あと!ランコムは気になってたアイテム豪華4点セット。
全部、現品なんてどんだけ、太っ腹なの。
これから、使ってレポしていきたいと思います〜。

にほんブログ村 美容ブログへ 人気blogランキングへ ビジネスブログ100選へ ブログランキング「くつろぐ」へ
ブログパーツ クチコミblogランキング TREview 
 スポンサーリンク



スポンサーリンク
プロフィール
MIKI
「ウーマニア」は、WOMANとMANIAをたした造語です。このブログに書いていることは、ワタシの個人的な感想や価値観に基づいています。また、税率、価格表記、商品情報などに関しては掲載日現在のものに由来していますのでご注意ください。許可の無いサイト内のコンテンツの引用・転載は禁止します。


  





にほんブログ村 美容ブログへ  

   

カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


















▶カウシェッドクリスマスコフレの記事はこちら


▶ミス・パリダイエットミールの記事はこちら




もっと見たいひとはコチラ ブログパーツ
▼ COSMETICS
▼ FASHION
▼ DEPARTMENT STORE
▼ SHOPPING
▼ FOOD
▼ SERVICE


あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!



ブログでクチコミ B-Promotion

ブログタイムズ

qrcode

others